2008年02月15日

大東建託と騒音対策

騒音対策にはさまざまな方法があります。線路の近くの住宅では、窓を二重にしたりしているところもあるそうです。他にも、天井や壁に、吸音材(グラスウールボード)をはめ込み、さらに二重に吸音材を隙間なくはめ込んだり、遮音・防振マット→遮音・防振シート→鉛シート→畳マットと四重にする方法もあるようです。調べれば騒音対策というのは限りなくあるでしょう。

中でも、集合住宅で一番重要な騒音対策が二重天井構造だそうです。上の階の人の足音が毎日ドタバタ聞こえてきたら相当なストレスになってしまいますからね。この騒音対策は覚えておくといいと思います。

そこまでたくさんのことはしてないでしょうが、大東建託もそれなりの騒音対策は行っているでしょう。

もしも、騒音対策がしっかりなされていないような集合住宅に住んでしまうと大変です。隣の部屋のテレビの音まで筒抜けだったり、階段を上り下りする足音が聞こえてきて、それが夜中だったりしたらぐっすり眠れません。人間人生の5分の1は睡眠に費やしているという話を聞いたことがあります。それほど睡眠も騒音対策も大切なのです!

大東建託で物件をお探しの方は、騒音対策のことを一度営業の方にでも確認してみてもいいかもしれませんね。


ラベル:大東建託
posted by dai at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大東建託 騒音対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。