2008年03月05日

大東建託とアパート

大東建託アパートはおしゃれな外観のものが多く見られますよね。

もともと日本のアパートは、階数的には木造、軽量鉄骨造の構造上の制限により2階建てなどの低層住宅のアパートが多いです。大東建託のアパートもこんな二階建てや三階建てが多いんではないでしょうか。マンションには低層住宅、中高層住宅、高層住宅、もしくは超高層住宅があり、階数による区別はないが、一般的な概念としては中高層住宅、高層住宅の住宅用途の建物をマンションと呼ぶ場合が多いですね。

建物規模、敷地規模および戸数の観点から前項の一般的な概念によるマンションに比べてアパートは2〜3階建ての小規模・低層が多く、建築設備的にエレベータが設置されたアパートはあまりみられません。

アパートは建築基準法上はマンションと同じ共同住宅に区分されます。

また、2階建までのアパートのことを「コーポ」と称することもあります。アパートとコーポ、言われてみればどちらも同じ建物を連想しますね。


posted by dai at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大東建託 アパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。